松阪牛

松阪牛.net
松阪牛のオンラインショップ。4年連続最優秀賞受賞の生産者が育てる最高級の松阪牛を販売しています。二次会の景品に最適な松阪牛目録セットもあります。松阪牛切り落としを肉じゃがに使ったり料理にも使えますよ。すき焼きやステーキもおいしいですね。
松阪牛はよく松坂牛と間違えられますが本当は松阪牛らしいです。


十勝

北海道の十勝の食材を販売しているオンラインショップ。帯広を中心都市とする十勝は安心、安全、おいしい食材がいっぱいです。特にじゃがいもは非常においしかったのでカレーやシチュー用の野菜セットがおすすめです。食料自給率1100%の十勝産直の食材を試してください。十勝は食料自給率が1100%もあるところです。東京は1%、大阪は2%しか食料自給率がないみたいです。

胡蝶蘭

胡蝶蘭の専門店。開店祝いや就任祝いに胡蝶蘭を贈るならここ。最高級の胡蝶蘭を販売しています。

景品

結婚式二次会の景品なら景品いちばにお任せ。目録&パネル付きでイベントが大盛り上がり!二次会を盛り上げる景品がたくさんあります。

私の出産は難産で大変だったのですが、無事に産むことができてホっとしたことを思い出します。

その時には、沢山の人からお祝いをいただきました。

親戚の人は現金の人が圧倒的に多かったのですが、高校時代の友達二人からコムサデモードの赤ちゃん用の服を頂きました。

お出かけ用のオシャレな服でした。

子供が男の子だったのですが、ちゃんと男の子用の物でしたし、靴下まで2足もついていました。

その心遣いが、とても嬉しかったです。

二人とも私より早く出産経験がありました。

出産前から、よく子供達を連れて家に遊びに来ていました。私も遊びに行っていました。

私の子供が少し大きくなってから、一緒に郊外にみんなで遊びに行ったこともあります。

一緒に水場で子供たちを遊ばせたり、楽しい一時を過ごしました。

今はそれぞれ引っ越したり、仕事が忙しかったりして疎遠になってしまいました。

しかし毎年年賀状だけは欠かさず出し合っています。

そのうちまたみんなで会って、昔話でもできたらいいなと思っています。

*パン作り*

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近 パンを作りたいという衝動にかられてしまい

まずは材料!!と思い、強力粉とイースト菌を購入。

それまではよかったんですが、パンの作り方を見るととても時間がかかる。。。。

平日は仕事しているし、ちょっと断念。

 

あの工程を見ると結構大変そうで。

やっぱりホームベーカリー買って、生地作りまではやった方が楽だったりするのかなと思ってしまいます。

今はピザの生地とかそういう簡単なところから始めたらいいかなぁと考え中。

 

大学時代 パン屋さんで成形の仕事していたので、生地ができたらいろんなパンを作れるので

早くチャレンジしたいところです。

 

今年の自分へのご褒美はホームベーカリーかなぁ。。。。

 

 

★誕生日★

| コメント(0) | トラックバック(0)

すべての人にある誕生日。その日が自分にとってのとても大切な時別な日。

そんな日を家族や恋人や友人に祝ってもらえるのはとても嬉しいものです。

先日 友人の誕生会がありました。

料理を作るのが好きな私にとって 誕生会の準備はとても楽しいです。

出来上がる料理をイメージし、下ごしらえ。

大人数の料理を作るほうが慣れている私なので たくさんの野菜を切ったり お肉を揚げたり

どれも楽しいものでした。

何より みんなでの手作りの誕生会は素敵な思い出になるし、みんなの心に残る友人の誕生日となります。

みんなそれぞれ 別の地で誕生し、こうして今 一緒の時間を過ごしている、その不思議さと、また来年も違った形でお祝いできたらいいなと楽しみに思っています。

雛祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

2月を過ぎると母が押し入れから雛人形を取り出し飾ってくれます。

私の持っている雛人形は3段、ガラスケースに入っていて、オルゴール付きのものです。

自分では全然覚えていないけど 暇があったらオルゴールを鳴らしていたようです。

 

最近は段飾りにこだわることなく、豆ひな人形や御内裏様とお雛様だけを飾るという人も増えているようですね。

たんすの毛は玄関などのちょっとしたスペースがあれば今の雛飾りを楽しむことができるし気軽なものへと変化していっている気がします。

 

毎年3月3日実家では、豪勢な料理がテーブルを囲み、カラフルなひなあられを食べた記憶があります。

私は、三角にかたどったオニギリに金糸卵で着物を着せて、海苔で顔を作ったお雛人形を作ってみたいと思っています。

 

 

 

 

2月14日はバレンタインデー。

毎年、チョコレートを作って恋人に渡している人はこの時期張りきっていろいろ買うのかなぁ

本屋さんにはたくさんのお菓子の本が並び、チョコ関係のものをとても多く見かける時期になりました。

 

私は今年、久しぶりにチョコレート作ろうかなぁって考え中なのです。

お菓子作りは1回練習しないとうまくいかないので明日、何を作るか考えて練習。(*^_^*)

うまくいったら13日に本番。

あ・・・でも私13日 仕事だった・・・・。間に合うかなぁ。。ちょっと心配(>_<)

 

甘いものがある時から苦手になってしまったので 自分で食べるためにお菓子を作ることは

なくなってきたんですが、喜んでもらえる人がいることで

作るのって楽しいことですよね。

 

 

誕生日にケーキ、定番のことだけどケーキがあるだけでとても嬉しい気持ちになる魔法のような洋菓子。

年齢の数だけのローソク。名前の入った板チョコレート。定番だけれど、何歳になっても、誕生日は嬉しいもの。

お祝いをしてもらえて、その日が自分にとっての時別な1日。

 

以前までは誕生日でケーキを作ることってなかったけど、初めてケーキを作ってみました。

あまりお菓子を作ることがなかったけれど、喜んでくれる笑顔を思って作ると、とても楽しいものでした。

お菓子は料理と違って分量や手順を間違ってしまうと、膨らまなかったり、甘くなりすぎたり。

一度実家でスポンジのみを焼いてみて、思っていたよりも出来が良くて満足♪

デコレーションも緊張するけれど思っていたように作ることができるとお菓子作りがとても楽しくなりました。

甘いものは少し苦手だけれど、それでもお菓子が与えるものって素敵な笑顔なんだなぁって思いました。

私はまだまだお菓子でアレンジをすることができないけれど 基本を覚えて、これからもいろいろなお菓子を作ることができたら、もっと毎日の生活が楽しくなるのかなぁと思います。

 

おせち料理

| コメント(0) | トラックバック(0)

 朱塗りのお重に入ったおせち料理があると、その場がパッと華やぎます。

おせちは舌で感じるおいしさだけでなく、目で見る美しさ、そしてその場の雰囲気を明るく変える力があると思います。

今では自宅ですべてのおせち料理を作るのではなく、出来合いのものも購入し、

その家庭でのおせち料理があると思います。

そものも。お正月の料理=おせち料理と連想しますが、そもそも「おせち」とは

どういった意味をもつものなのか、調べてみるとそこには 深い意味がありました。

もともとは季節の変わり目の節句に、神様にお供えした食べ物が「お節料理」。

おせち料理は年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。

五穀豊穣、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りを込めて、

縁起の良い食材の名にちなみ、海の幸、山の幸を豊かに盛り込むものがおせち料理といわれています。

ひとつひとつの料理に意味があることもおせち料理の楽しいところだと思います。

黒豆はまめに暮らせるように、エビは、腰が曲がるまで健康でという長寿の願いが込められています。

 

地域や家庭によって味や種類はさまざまなおせち。我が家では母が作る煮しめが定番となっています。

今度は食べるだけではなく、作り方を習ってみようと思います。